三重県伊勢市のカーコーティング、ボディ磨き、自動車ガラス修理、室内クリーニング、カーフィルム施工のギャルソントラストのサービスメニュー



ボディコーティングのメリット

ホーム > ボディコーティングのメリット

ボディコーティングとは

ガソリンスタンドやカーショップなどで目にすることのある「カーコーティング」。今ではディーラーオプションとしても扱う店舗が増えてきました。
従来、クルマのお手入れ方法というと「ワックス(WAX)がけ」をされている方が多いと思います。ワックス(WAX)は植物性の油脂が主成分で水性が高く、「キズを目立たなくする」、「塗装の艶を出す」という点でとても便利でした。
しかし、汚れやすい、熱や雨などに弱く、洗車や太陽、エンジンの熱で落ちてしまう、持続期間が短い、ワックス(WAX)がけの際の磨きキズが水垢の原因になる、ワックス(WAX)カスが残るなど問題も多くありました。
そんなワックス(WAX)がけのデメリットを解消するメンテナンスとしてカーコーティングが生まれました。

カーコーティングは、ワックス(WAX)とはまったく違います。専用のコーティング剤が強靭な被膜を形成し、大切な愛車を保護します。ワックス(WAX)のあった汚れやすさや熱や雨などに弱いなどデメリットを解消し、効果も長期間継続します。

カーコーティングが紫外線や汚れから大切な愛車を守ります!

コーティングのメリット

メリット1
コーティングの施工例

新車時にコーティングしておくとその輝きが維持でき、経年車にコーティングすると、艶、光沢などが新車のような輝きがよみがえります。

また、新車でも中古車でも、コーティングによる保護膜でボディの美しさを長期間持続します。美しさのみならず、強く硬い保護膜が紫外線や酸性雨、砂などさまざまなダメージから愛車を守ります。

洗車だけで美しさ継続!らくらく手間いらず!

カーコーティングの大きなメリットのひとつが、「手間いらず」です。
コーティングによって作られる強力な保護膜が紫外線や汚れ、雨などから車を守ってくれるため、汚れの落ちもよく、水切れもいいので日頃のメンテナンスは、水洗いだけ!カーシャンプーもわずらわしいワックスがけも必要ありません!
今まで半日~1日仕事だった洗車~ワックスがけが、たった数十分の水洗いだけでキレイが継続します。時短でメンテナンスもとても楽になります。

お財布にやさしく、環境にもいい!

日々の洗車は水洗いでOKなので、今までようなワックスがけまでしていた時間が短縮されるだけでなくメンテナンス品(カーシャンプーやカーワックス)にかける費用が大幅に節約できます。

また、普段からカーコーティングしたクルマをキレイにしておくことで、手放す際の車の下取りや売却時の査定額がアップなんてことも!

カーボディーコーティングの種類

まず、カーボディーコーティングをする前に、ボディーコーティングにはたくさんの種類があるのをご存知ですか?
大きく分類すると、【無機質無溶剤コーティング】、【油脂系コーティング】、【樹脂系コーティング】、【ガラス系コーティング】、【ガラスコーティング】となります。それぞれ、長所・短所がありますので、賢く選ぶことが大切です。

無機質無溶剤コーティング

無機質無溶剤は、現代環境の中に存在するさまざまな外的要因からお客様の大切な自動車・オートバイの輝きを維持して頂く為に開発された「耐候性」「防汚性」「密着性」「耐熱性」「耐薬品性」いずれにも優れた次世代コーティングシステムです。

おすすめコーティング【ディフェンデルF】
メカニズム
メカニズム1

塗装面に塗り込み余剰成分をクロスで拭き取ったばかりの状態では塗装面と完全に密着していません。加水分解反応が起こって塗装面に密着します。

メカニズム2

加水分解反応によりレジンがハイブリッド結合して塗装面に結合します。TYPE-Fはオルガノポリシロキサンレジンとモディファイドアクリックレジンのハイブリット結合により撥水(滑水・疏水)性能を持ったコーティング被膜となります。

メカニズム3メカニズム4

TYPE-Fの硬化構成された被膜は、独自の特殊成分が塗装面と強靭に結合し撥水性能及び防汚効果を発揮します。独自に構成された特殊成分のコラボレーションによって成されるTYPE-Fならではの特化したパワーが実感できる硬化型コーティングです。汚れには洗車で除去可能な物からメンテナンスをする事によって除去する物などさまざまな種類がありますが、洗車をしていただくことにより効果が持続します。

説明

油脂系コーティング

油脂とは、油のことですですので、つまり油を塗って油膜を作り水をはじくコーティング剤です。
一般のワックスや一部のポリマーが油脂系になります。
水は油と混ざらない性質を利用したもので、施工が非常に簡単なことがメリットです。
デメリットは、コーティングが雨で流れたり、非常に早く劣化するという特徴があります。

油脂系でキレイを持続させるコツは、定期的に洗車をし、劣化部分を除去。 そして、塗り直すことです。料金は比較的安価です。

樹脂系コーティング

樹脂系のコーティング剤は、高分子化合物を塗布することで、イオン結合や分子結合により密着させボディを保護します。
いわゆるポリマーやフッ素系、ガラス系 の一部が樹脂系になります。
ボディに艶を出したい方、自分でボディメンテナンスするのが好きな方は、このコーティングがおすすめです。
ただし、定期的な洗車で劣化部分を除去することが重要で、メンテナンスに多少手間が掛かるのがデメリットです。

おすすめコーティング【TTクリアコート ファイナライズ】
TTクリアコート ファイナライズイメージ画像
TTクリアコート施工事例

より深く、より強く、より美しく生まれ変わりました。
TTクリアコート ファイナライズは塗料であるクリア樹脂を使い研磨後の塗装に特殊なクリア樹脂塗料皮膜を作り純正の塗装を守ります。
防汚性はファイナライズ処理コート剤、水性クリアコート、ファイナライズβコートを施工し非常に汚れにくい表面皮膜を形成します。

本物の高品位クリアー樹脂を使用していますので皮膜感も通常のガラスコーティングとは比べ物になりません。
施工後は擦り傷等が非常に付きにくくなります。もし、お手入れによって付いてしまった洗車傷でも再度補充することで研磨することなく再施工が可能です。

ガラス系コーティング

ガラス繊維の入っているコーティングです。
劣化が遅く、ある程度長期、塗装を守ってくれます。 ただ、油脂分が比較的少ないために、ツヤ感が少なめで自然なツヤとなることが多いようです。

ガラスコーティング

ガラス特有の高い透明性を持った被膜により、ボディーを守ります。
本物のガラスコーティングは、とにかく長期間の持続が魅力です。
以前は、汚れやウォータースポットが付きやすいものが多かったですが、各メーカーの開発により、現在では汚れやウォータースポットの付着もかなり 少なくなってきました。

デメリットとしては、完全硬化までに時間が必要なことと、被膜が強いので施工前の下地処理をキッチリしておかないとムラになったり艶がまだらになったりするので手間が掛かります。その結果コスパは高めです。


カーコーティング、自動車ガラス修理、カーフィルムのこと相談したいと思ったら今すぐお電話!
その他のお問い合わせは、下記の方法で!
FAXでのお問い合わせは0596-25-6337まで

セルフブース洗車
冷暖房完備 新店舗2014年オープン!

【休日カレンダー】

   2017年5月   
1
 
2
 
3
×
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
×
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
×
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
×
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
×

×印が休業日です。

ギャルソントラスト スタッフブログ「仕事人の休憩所」

各種クレジットカード使えます

各種クレジットカード

ページの上部へ